透明少女の水色革命

TOPRSS
日常からの解脱

▼三脚購入〜ベルボン ULTRA MAXi M〜

06/20/ (木) 00:55 | 編集


会社をこの6月で辞めます。

せっかくなので気が済むまでバカンスを楽しもうと
日本一周旅行を計画しております。

1人旅なので、自撮りするときのためと
夜景や星空を撮るとき用に三脚を購入。
携行性重視でベルボンのULTRA MAXi Mを買いました。

脚の固定方式はいろいろあるのですが、
実物いじってみてこの「ウルトラロック」の操作性に感動したのです。
1か所捻るだけで5段すべてのロックを解除/固定できるので
他のロックナット式とは明確に差別化されています。



最大限に伸ばすと脚はちょっと頼りなげに見えますが
思ったよりはしっかりしています。


一番低くするとここまでなります。
ローアングルからの撮影にも使えそうです。


最初は2〜3,000円で探していたのですが、
なんだかんだいろいろ調べてると
結局は1万円前後のものに落ち着いてしまうようです。
でもいい買い物でした。

▼奥の細道ツーリング 3日目 くりこま〜盛岡

08/28/ (火) 02:34 | 編集
3日目は、世界遺産になった奥州平泉を通って
盛岡へと向かう平坦ステージでございます。



前日のパンクが精神的重荷になって気が気じゃなかったのですが
何事もなく11時ぐらいに平泉の毛越寺に着きました。



秋に来るとよかったですね。


蓮が1つだけ咲いてました。


続いて中尊寺に移動しまして
駐輪場に停めてあった馬鹿野郎どもの数↓


とにかく混んでまして、本堂に来るだけでも一苦労。



金色堂拝観のチケット買うのに30分ぐらい並びました。


お昼ご飯の時間も含めると結局3時間ぐらい平泉に滞在してまして
これはまずいと、ここから盛岡までシャカリキに走ります。
しかしこの日は5日間で唯一雨が全く降らず一番の好天でして
思うようにペースが上がらず、盛岡に着いたのは日没後。

北上川を渡る橋から夕焼けをバックに岩手山。


こういう旅をしていてなんといっても一番大変なのは
夜間の自転車の保管場所でして、
この日もホテルの受付でちょいと交渉しまして
部屋の中に入れさせてもらうことに。

この日の夕食は。。。
盛岡といえばわんこそばか冷麺なのですが
夕食がそれではちょいと寂しいということで
コインランドリーのすぐそばにあった焼き鳥屋で
もつ鍋+焼き鳥3本+ワンドリンクで1,800円という
お得なセットをいただきました。
美味でございました。

▼奥の細道ツーリング 2日目 山形〜くりこま高原

08/27/ (月) 04:30 | 編集
2日目は山形市から尾花沢市経由で峠を一つ越えて
宮城県北部の栗原市(新幹線のくりこま高原駅)へ向かいます。



さくらんぼが好きすぎて駅名にしてしまったさくらんぼ東根駅を横目に
尾花沢まで行ったところでお昼休憩を取って店から出てきたら
雨がザーザー降ってまして、しかし立ち止まっても仕方ないので
しかたなく雨の鍋越峠を登ります。



この峠を越えると宮城県に突入です。
雨が降ったり止んだりであまり写真を撮れなかったのですが
休憩中に草花をパシャリ。





ここから平地を淡々とこなしていくんですが、
この日のゴールまでもう少しってところまで来たところで
後輪からゴツ、ゴツという振動が。
地面の凹凸かとも思ったのですが周期的な振動だったので
もしやと思って自転車を降りて後輪を見てみると、
案の定パンクしてるではありませんか。

オーマイガー

チューブラーでパンクとなるとなかなか厄介な話です。
シーラントも入れていたのですが、どうやら古すぎて機能せず。
しばらくはガッと空気を入れて、抜けるまでの間急いで走る
ということを繰り返していたのですが、それもしんどくなり
近くのコンビニからタクシーでも呼ぼうかなとかも考えたのですが
遠くに新幹線の駅が見えてきたので、歩いても1劼阿蕕い世蹐Δ隼廚辰
そのまま靴をスニーカーに履き替えて歩いてゴールを目指すことに。
ぐったりした気持ちでホテルに荷物を置き、シャワーを浴びて晩御飯。

志波姫豚という地豚のポークソテーがメインで
パンとライスを選べて私はライスを選んだのですが
よくよく考えたところ、メニューにパスタも入ってまして
炭水化物2つも要らねーよってことでライスはガッツリ残しました。


帰りに見つけた定食屋の看板。さすが米どころ。
この後、ホテルの部屋に戻ってチューブラータイヤを張り替えまして
替え用のタイヤも結構古いものだったので不安だったのですが
なんとか最後までもってくれました。

▼奥の細道ツーリング 1日目 新潟〜山形

08/26/ (日) 07:10 | 編集
今年の夏休みは、東北にツーリングに行ってまいりました。
朝4時起きで6時8分発の新幹線に乗り込みまして、
新潟に着いたのが9時過ぎ、そこからさらに特急に
40分ほど乗りまして、坂町という駅から出発です。
こんな駅。

そもそも何でこんなところから出発かと申しますと、
去年の夏休みに東京から新潟経由で盛岡まで走る計画をしていたのですが
あまりにもの連日の猛暑で新潟で心が折れてしまい
とりあえず日本海まで来たからいいよねってことで
東京に引き返しちゃったんですよね。
それで今回はリベンジってことで、
昨年引き返した地点の近くの駅からスタートってわけです。


前日までの天気予報とは打って変わっての快晴で、
ひとまずほっとしつつも、真夏の日差しの中を
荒川の流れを眺めながら小国街道を
えっちらおっちら走っていると、間もなく山形県に突入します。




山形に入ってすぐのところにある道の駅「白い森おぐに」でお昼休憩。
地元で採れた山菜たっぷりの山菜そばをいただきました。

ここから急激に天気が悪くなってひと雨降られました。
天気予報ってやっぱすごいですね。
そういえば午後に降るって言ってた気がします。

ここから平地区間を30劼曚匹海覆靴泙靴
最後にもうひと山。馬牽原高原に向かう狸越街道の峠道を登ります。

連泊ツーリングというのは、経験上、初日が一番つらいんです。
普段の不摂生がもろに影響してしまうのです。
この日も、すでに結構脚に来てたんですが、
狐越街道に入った途端7%前後の登りの連続で
時には10%を超える坂もあり、悲鳴を上げて休憩してたところで
見えた夕日が綺麗だったりするのです。





峠道って本当の山の中よりちょっとした集落の中にある道の方が
傾斜とか考えずに直線的な道を作るのできついんですね。

県民の森から少し下ったところに建物も木も何もないところがありまして、
そこから山形市の市街地の夜景を全部見渡すことができます。
視界180度全部夜景って感じでめっちゃきれいです。

山形駅前のホテルに無事着きまして、
すぐにでも飯を食いたい気持ちをグッとこらえてシャワーを浴びまして
近くにあったしゃぶしゃぶ屋さんで、
米沢牛と庄内豚のしゃぶしゃぶをいただきました。


美味でございます。


生大なんて前に頼んだのはいつのことでしょう?
でもまあこの日は頑張ったと思います。

▼カメラバッグを買った話

04/15/ (日) 19:30 | 編集

新宿の鎌倉シャツでネクタイ3本と麻のシャツを。

カメラ用の鞄が欲しいなぁなんて思いながら
丸井の中をうろうろ歩いてたら
こんな鞄を発見。

グレゴリーなんですが、(iPhoneは別売りです。)


奥行きはこんな感じで


中に仕切りが付いています。


仕切りは自由に取り外しできて


カメラ本体もこんな感じで収まります。
クッションも多少はいっており、
レンズ用に買ったキャリングポーチは要らなくなってしまいました。
予算5,000円ぐらいで探してたんですが、
グッと来たので8,400円でも買っちゃいました。

久しぶりに行った新宿はずいぶん変わっていました。
ヤマモトコーヒー店のコーヒー豆はとんでもなく値上がりしていました。
三越は改装したのかと思ったら閉店してました。
他にも中がガランとしちゃったビルが何軒か。
東口ABCマートとビックカメラの間の小さな丸井も閉店。
買いものしてても思うんですが、新宿は飽和してます。
デパート多すぎ。丸井多すぎ。
人って1日にそんないくつもデパート行けないでしょ。
同じショップやブランドがいろんなところにお店出してるでしょ。
資源重複しすぎなんです。無駄なんですよね。

外に出ると、今の世の中がどうなっているのか
肌で感じることができます。
いつも自宅と会社を往復してるだけではダメですね。
 次のページ


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキングに参加しています。
ぜひポチっとして行って下さい!


こっちはクリックしないで! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
絶対押すなよ!やんちゃ爆弾